ホーム障害年金について 

障害年金について 

障害年金についてご存知ですか

病気やケガによって生活や仕事などが制限されるようになった場合、
障害年金が受給できます。
うつ病などの精神疾患、悪性新生物(がん)、心疾患、
糖尿病等、
また下記のような状態になった場合も障害年金を請求できます。

・人工透析を行わないといけなくなった
・ペースメーカーを装着した
・人工肛門を施術した
・在宅酸素療法を開始した
・脳血管疾患により障害が残った

ただ、病気やけがをすれば、いつでもだれでも障害年金を受給できる訳ではありません。
請求書の作成の他、自身の病状の申立書を作成したり、
医師に診断書の作成を依頼したりと、資料や書類の準備が大変です。

お客様とお会いして状況を確認し、
障害をお持ちの方にとって、生活と心を支える年金を受給できる権利を守るため、
最善を尽くし、お手伝いいたします。

新着ブログ記事

お問い合わせ