ホーム社会保険労務士業務 

社会保険労務士業務 

時間が取られる煩雑な手続きもお任せください

社会保険・労働保険は書類の種類も多く、
手続きのタイミングもさまざまです。
これらの煩雑な手続きを専門家にお任せいただくことで、
事業主様が安心して本業に打ち込むことができます。


会社を設立した時に行う手続き
社員を採用した時に行う手続き
社員が退職した時に行う手続き
社員の異動があった時に行う手続き
社員等が病気・ケガ・出産・死亡した時などの手続き
労働保険概算・確定保険料申告書の作成と届出
健康保険・厚生年金保険算定基礎届、月額変更届の作成と届出

労働基準法関係の主な提出書類

これらの書類の手続きや提出代行をいたします。


就業規則は事業主と従業員の間のもっとも基本的で重要なルールです

就業規則は会社の経営理念を社員に伝えたり、
トラブルから会社を守ってくれる役割もあります。
法律は日々進化し、労使を取り巻く情勢も変化しています。
市販のものを購入しただけでは、いざという時に役に立ちません。

当事務所では、事業主様の抱負、会社がかかえる課題などを、

じっくりとヒアリングさせていただき、
それぞれの会社に最適な就業規則を作成いたします。

就業規則診断・作成
非正規社員就業規則 作成
賃金・退職金規程 作成 
育児・介護休業規程 作成

どんな小さなことでも気になることがございましたら、
お問い合わせください。 

助成金は返済の必要がありません

厚生労働省の助成金は、企業が支払う雇用保険料を財源としています。
保険料を支払っている会社が、
各助成金ごとの受給要件をクリアすれば利用できる制度です。
要件に当てはまれば、積極的に活用したい助成金ですが、
手続きが煩雑で、申請日が一日でも遅れたりすると受給できません。

また、助成金を活用するためには、
正しく労務管理が行われていることが前提となります。

パートを正社員登用した場合
障害のある方や、母子家庭の母、高齢者を雇い入れた場合
従業員に教育訓練を行った場合
売り上げが落ちて、従業員を休業させた場合

助成金に関する情報を分かりやすくご提供し、
ご利用できるものがあれば、出来るだけ活用されることをお勧めしています。

ぜひ、専門家におまかせください。



会社にとってもっとも貴重な財産である「人」の部分にしっかり目を向けることが大切です

どんなに配慮を重ねても、従業員とのトラブルが避けられない事態は起こります。
労働者に関する法律は多岐に渡り、
それらを理解した上で運用していかないといけません。
法令遵守の観点からも、生産性の高い仕事を実現し、
労働時間を短縮していくことは、会社の活性化につながります。 

人事労務面での疑問やトラブルに対応いたします。

役所の 調査対応

人事評価制度・賃金制度の設計
子育て・介護との両立支援

過重労働対策

制度を見直し、
従業員のモチベーションアップを図っていくことが、
会社の発展に不可欠です。 

「顧問契約」が便利です

個別の対応もお受けいたしますが、
諸手続きをまとめてお引き受けし、
月単位で報酬をお支払いいただく「顧問契約」が便利です。

<顧問契約の内容>
・人事・労務に関するご相談
・法改正・助成金などの情報提供
・社会保険・労働保険に関する書類作成と提出代行

給与計算についてもご相談ください。

新着ブログ記事

お問い合わせ